2014年08月08日

人気企業への就職実績

人気企業への就職 全体で見れば東大の実績は群を抜いている
(週刊ポスト2014年8月15・22日号)

 学生が選ぶ「就職人気企業ランキング」(以下に示すカッコ内の順位は楽天『みんなの就職活動日記』調査による『2015年度卒 新卒就職人気企業ランキング』のもの)は、自分の会社、業界が今の若者たちにどう思われているか、という点で気になってしまうもの。一方で、どんな大学がどこにどれだけ人材を輩出しているかも常に注目される。
 
 全体で見ると、東大の採用実績が群を抜いている。東大の卒業生は約3000人で、早大の3分の1、慶大の2分の1の人数であることを考えれば、強さは際立つ。なにせこの人数にもかかわらず、人気企業に多数の人材を送り込んでいるのだ。
 
 特に目を引くのが、トヨタ自動車(49位)、日立製作所(61位)、東レ(88位)、三菱重工業(115位)、旭硝子(151位)など各業界のリーディングカンパニーで採用トップとなっている点だ。
 
「これらの企業は海外進出を進め、世界市場で熾烈な競争を繰り広げている。そのため総合力が高く、実力が保証されている東大生を求める傾向がある。東大の場合、文系、理系ともに優秀な人材がいることからも当然、数が増える」(就職コンサルタント)
 
 同じ国立でも、地方の大企業は地元国立大との強い結びつきが窺える。JR西日本(66位)は京都大学、中部電力(177位)は名古屋大学が採用トップ。大阪ガス(177位)や関西電力(128位)は大阪大学、京都大学、神戸大学が上位3校を占めている。
 
 ちなみに、就職人気ランキング常連のANA(1位)やJAL(4位)は、一般的に「早稲田、慶応が強い」と思われているが、ANAでは意外にも青山学院大学が採用数トップと健闘していることに気づく。航空業界関係者によると、「この数字にはCA(客室乗務員)の採用数も含まれています。青学生のほとんどはCA採用」だという。










就職に強い大学2015人気企業への就職実績

かわいい「就職に強い大学 2015」


最新保存版の「557大学 実就職率ランキング」や本誌だけの特別調査「就職実績徹底調査」では、
各大学の就職率や企業別の就職人数を掲載!そのほか、就活力を育てる教育や制度の最新リポートや、
就職基礎体力を養うための学生サポート紹介など、就活までを見据えた大学選びのための情報が満載。

最新保存版
557大学 実就職率ランキング
2014年春の就職率を、就職者数300人以上と300人未満の大学に分けて集計!
*学部別・地区別・女子大の上位20校も掲載!

就職実績徹底調査
人気企業100社×135大学
理系人気企業50社×110大学院
就職情報サイト「ブンナビ!2015」による「就職ブランドランキング調査」にランクインした
人気企業100社への就職実績を調査!さらに、大学院から理系人気企業50社への就職実績も!

「就活力」を育てる、新しい施設・教育・制度
1 学生たちが自由に集まる新しい施設「ラーニング・コモンズ」
2 学生が主体となって課題に取り組む「アクティブ・ラーニング」
3 多様な人々と仕事をしていくために必要な能力「社会人基礎力」
4 語学力と留学体験の必要性・重要度がますます高くなってきた「グローバル人材」

親も安心、就職基礎体力を養う学生サポート
・生活リズムを整えて、規則正しい生活を習慣にする「格安朝食サービス」
・主な大学の格安朝食メニュー
・保護者向けの出欠状況報告や栄養管理も
・身近な存在のSA、TAが勉強を支援
・ポートフォリオや自己評価システムで達成度を把握

就職に強い大学、資格に強い学部
「教員」就職に強い大学/「公務員」就職に強い大学/「資格」に強い学部/
マルチキャンパスで魅力を高める大学、地方でも就職に強い大学









位置情報注目の情報

位置情報意味










posted by 就職活動 就職情報 採用情報 面接対策 履歴書 エントリーシート 企業セミナー at 22:17| 就職人気企業ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする